「クレジットマスター」という手口は対策しようがない?

Pocket

クレジットカードの不正利用の中でも、利用者には防ぎようがないのが「クレジットマスター」です。クレジットマスターの手口や利用者にできることも合わせてご紹介します。

 

不正利用のさまざまな手口

クレジットカードの不正利用にはいくつかの手口・パターンがあります。

不正利用の中でも多いのが、Webサイトからクレジットカード情報が流出したり、クレジットカード自体を盗まれてしまったりと、間接的に自分のクレジットカード番号が犯罪者の手にわたってしまうタイプです。

このような不正利用は、「怪しいWebサイトではクレジットカード番号を入力しない」「クレジットカードは紛失しないよう注意する」などといった対策をとることで、完璧ではありませんが、ある程度被害のリスクを抑えることができます。

しかしながら、クレジットカードの保有者側ではまったく対策の打ちようがない手口も存在するのです。

 

防ぎようがないクレジットマスター

その代表的な例が「クレジットマスター」と呼ばれる手口です。

クレジットカードは、16桁から成るクレジットカード番号と、それぞれ2桁の有効期限の年月さえわかってしまえば、オンラインショッピングサイトなどで利用することができてしまいます。

クレジットマスターは、クレジットカード番号と有効期限をコンピュータープログラムによって不正に発見し、勝手にクレジットカードを利用してしまうというものです。

クレジットカード番号は、「Luhnアルゴリズム」にしたがって作成されています。

ですから、このアルゴリズムに適するようにクレジットカード番号を作成すると、本当に使われているクレジットカード番号に一致してしまう可能性があるのです。

このように、クレジットマスターは、自分のクレジットカード番号が流出するのではなく、犯罪者がクレジットカード番号を「発見」してしまうため、対策のしようがない手口といえます。

そのため、毎月の利用明細書をよく確認して、身に覚えがない利用履歴が残っていた場合には、すぐにクレジットカード会社に連絡することをおすすめします。

クレジットカードには不正利用に関する保険が付帯されているため、詐欺であることがわかったら利用代金は全額補償してもらえます。