クレジットカード番号だけでも盗まれたら悪用される?

Pocket

クレジットカードは番号だけ盗まれてしまった場合、知られてしまった場合にも、悪用されるリスクはあるのでしょうか。結論から言うと、クレジットカード番号を知られただけでも悪用されるリスクは十分にあります。

クレジットカード番号は、個人情報

「自分は財布をなくさないから不正利用されることはない」「暗証番号があるから番号を知られても大丈夫」と考えていても、不正利用のリスクはゼロという訳ではありません。

クレジットカードは、番号も大切な個人情報となります。もしも聞かれた場合には安易に教えたりなどはしないようにしなければいけませんし、自分の個人情報はしっかりと守る必要があります。

最近では、フィッシング詐欺と言う巧妙な手口などもありますので、十分に気を付ける必要があるのです。

番号だけ盗まれても悪用されるインターネット決済

実店舗での買い物であれば、クレジットカードの番号を知られるというだけでは悪用はされにくい、といわれています。

なぜかというと、多くのお店ではカードそのものを認証させ、暗証番号を入力しなければ買い物ができないからです。このため、カード本体がなければ悪用をしにくくなりますし、カードの番号が知られてしまっているだけでは、お店での買い物においては悪用するのは困難です。

しかし、インターネット通販などの場合は話が別です。

たとえば、インターネット通販ではクレジットカード番号、そして有効期限がそろっているだけで、決済することができるものもあります。有効期限は組み合わせに限りがありますから、赤の他人でもある程度推定することが可能です。

つまり、カードを持っていなくとも番号だけで、他人が勝手に購入することができるという訳です。

実際に「高額な商品を購入して転売する」という被害は一昔前からひんぱんに起こっています。

クレジットカードを持っている場合には、管理、保管に気を付けなければなりません。番号に加えて氏名、有効期限が知られてしまった場合には危険ですので、気を付けることが必要です。

クレジットカード番号の悪用を防ぐ対策をチェック!

クレジットカード番号の悪用を防ぐために、どんな対策を練れば良いのか幾つか挙げてみました。

赤の他人でも情報を入手すれば不正利用しやすく、被害を抑えるための対策をきちんと行いましょう。

バーチャルカードを利用する

番号が盗まれて不正利用されるのが不安な方にはバーチャルカードがおすすめです。

バーチャルカードとは、通常のカード番号とは異なる、インターネット決済専用の番号を持てるもので、「三井住友VISAカード」や丸井系の「エポスカード」で発行されています。

ネットでしか利用できない特殊なカードのため、仮に情報漏洩などでカード情報が流出したとしても、本来のカード番号が知られることはありません。

三井住友VISAバーチャルカード」は単体で発行でき、利用額は月10万円まで。

「エポスバーチャルカード」は通常のエポスカードの発行も必要ですが、使わないときは利用可能額を0円にできるほか、カードそのものが発行されないため、何度でも番号を変更できるといった特徴があります。

クレジットカードの管理や保管に注意する

悪用を防ぐに当たり、クレジットカードの管理や保管に注意するのは最も大事です。

  • カード番号を他人から聞かれても安易に教えてはいけない
  • スキミングなどのサイバー被害から守るために専用のケースを持つ
  • ATM明細やクレジットカード売上票を放置せずにきちんと管理する
  • 外出先で買い物をする際に自分のクレジットカードから目を離さない

上記のような対策を日々の生活の中で心掛けていれば、最悪の事態は防ぐことができます。

また、リスクを分散させたいからといってあまりにも多くのクレジットカードを作成する方法はおすすめできず、逆に不正利用に遭いやすくなりますので気を付けてください。

盗難保険の適用条件を確認しておく

クレジットカードには、紛失保険や盗難保険が100%付帯されています。

どのカード会社でも自動付帯されていますし、クレジットカード番号を知られて不正利用されたとしても全額を補償してくれるので安心です。

しかし、以下のように盗難保険の適用条件が設定されていて、事前に手続きを自分で行わなければなりません。

  • クレジットカードの紛失や盗難に気付いたら直ぐにカード会社のサポートセンターへと連絡して利用停止の手続きを行う
  • 遅れることなく警察へと盗難届けを提出して渡された受理番号を大切に控えておく
  • 再びカード会社へと連絡して、警察で教えてもらった受理番号を伝える

これらが全て揃った場合に限り、悪用された際の金額を補償してくれます。

それでも100%悪用や不正利用を防ぐことはできず、どうしても不安な方はクレジットカードではなくデビットカードの利用も検討してみましょう。