カード情報のスキミング手口と防止する方法は?

Pocket

スキミングという犯罪行為も、今では多くの人に知られる言葉になっていますが、実際にスキミングはどのようにされるのでしょうか。具体的な手法について調べてみました。

 

レジに細工することが一般的

スキミングとはクレジットカードやキャッシュカードの磁気データを機械で不正に読み取り、複製カードを作成してそれ使用する犯罪行為のことを言います。

最近ではクレジットカードのデータをスキミングされてしまう被害が増えてきており、注意喚起されています。

ではクレジットカードの情報はどのようにしてスキミングされるのかというと、その方法には大きく分けて設置型と無線型の2種類があります。

設置型の場合はクレジットカードが利用できるお店にあるレジに細工をするというもので、CAT(信用照会端末)と呼ばれるカードを処理する端末に対して細工を仕掛けることによって情報を簡単に読み取ってしまうと言うものです。

  • スキマーと呼ばれる装置にクレジットカードを通す
  • 磁気ストライプからカードの情報を不正に読み取る

この方法の恐ろしいところは1人分だけではなく複数人のデータを簡単に収拾することができるところであり、後でデータを回収して偽造カード(クローンカード)にデータを写されてしまいます。

無線型の場合は、例えばATMの差込口に装置を取り付けることによって自動的にデータを読み取ってしまうと言うものがあります。

これは一見すると装置が取り付けられているのかどうかが非常に見づらくなっていますし、一度カードを通してしまうとそのままデータが無線によって送り届けられてしまうためすぐに不正利用されてしまう可能性があるというところが恐ろしい点です。

さらに手口も進化していて、暗証番号も同時に盗撮する装置もあるそうです。

 

クレジットカードのスキミングの手口は、素人では発見が非常に難しいのが特徴です。スキミングの場合、盗難とは違ってクレジットカードは手元にありますし、被害に気付かないケースも決して少なくありません。

日本国内でもスキミングはありますが、特に海外でスキミングの被害に遭うことが多く報告されていますので、海外旅行の際は信頼できるお店やATMかどうかなどに気をつけてください。

 

ICチップでスキミングの多くは防止できる

クレジットカードのスキミング被害は巧妙な手口で行われるため、残念ながら完全に防止する方法はありません。

ですが、スキミングはカードの裏面にある磁気ストライプからデータを収集すると言う方法で行われるため、ICチップを搭載したカードであれば情報を抜き取られるリスクを減らすことができます。

IC(集積回路)チップが組み込まれているカードには、どんな特徴やメリットがあるのか見ていきましょう。

  • 内蔵されたICチップ内にデータが暗号化されて保持されている
  • 情報量が多くてスキミング被害を防止でき、セキュリティ性が高い
  • ICチップ非搭載のカードと比較して偽造のリスクが低い

磁気ストライプに個人情報を記録するのではなく、スキミングが難しいICチップを採用しているからこそセキュリティ性が高いのです。

これからクレジットカードを作成しようと考えている方は、不正利用のリスクを低くするためにICカードタイプを選んでください。

暗証番号をしっかりと管理することも大切

クレジットカード情報とは異なり、スキミングでは暗証番号まで抜き取られる心配はありません。そのため、被害を防ぐには暗証番号をしっかりと管理することが大事です。

  • 自分の誕生日など他人に推測されやすい暗証番号を避ける
  • 買い物で入力する際には手元で隠すクセをつけておく
  • 同じ暗証番号を使い続けずにたまに変える

このような対策を心掛けていれば、暗証番号が第三者に知られるリスクを下げられます。

特に相手に推測されやすい暗証番号を設定していると、不正利用の被害に遭った際に補償の対象外となりますので十分に注意しましょう。