クレジットカードの不正利用を未然に防ぐ効果的な対策

Pocket

一昔前からいつの間にか自分の知らない間にクレジットカードの情報を騙し取られ、不正利用される被害が多発しています。

仮に不正利用されたとしても、保険会社が被害額を負担してくれますので私たちは損をすることがありません。

クレジットカードの利用者が不正利用に巻き込まれないために、どのようなことに気を付けるとよいのでしょうか。心がけておくべきことをまとめました。

 

面倒でも利用明細をしっかりとチェックする

クレジットカードの不正利用による被害を補償してくれるのは、発見してから60日間以内と決められています。

つまり、2ヵ月以上前の不正利用に関しては自己負担しなければならず、面倒だとしても利用明細をしっかりとチェックするのが効果的な対策です。

  • 自分の買い物以外に使われていないのかどうか確認する
  • オンラインで小まめに利用状況をチェックする

こういった対策をしていれば、身に覚えのない請求があっても直ぐに気が付くことができるでしょう。

オンラインでのWeb明細は、発行時にメールで連絡をもらうことができますが、その後、自分でログインしなければ確認することはできません。

確認するのを忘れてしまいそうな方は、Web明細ではなく、郵送で利用明細が送付される設定にすることをおすすめします。

 

誰かに推測されにくい暗証番号を設定する

「クレジットカードを不正利用されても補償されるから安心」と考えている方は多いのではないでしょうか。

ほとんどのクレジットカードには盗難保険が付帯されているのですが、下記のように幾つかの条件が設定されています。

  • 自分で設定した暗証番号が流出していない
  • カードの裏面に署名をしている
  • 家族や同居人など関係者が使用していない
  • カード会社が設定する規約に違反していない

もしも暗証番号が第三者に知れ渡って不正利用された場合、補償の対象にはなりません。

そのため、誰かに推測されにくい暗証番号を設定するのは忘れずに行いたい対策方法の一つです。

  • 自分の生年月日を組み合わせる
  • 携帯電話の番号を組み合わせる
  • 「0000」など全て同じ数字にしている
  • 運転免許証や車のナンバープレートの番号

上記のような番号は推測されやすく、クレジットカードの不正利用の補償に該当しなくなるので十分に気を付けてください。

 

迷惑メールに添付されているリンクやファイルを不用意に開かない

パソコンやスマートフォンに迷惑メールが届くことがあります。

迷惑メールの中にはリンクやファイルが添付されているケースが多く、クレジットカードの情報を盗まれないためにも不用意に開いてはいけません。

①金融会社などを偽った迷惑メールがアドレスへと届けられる
②リンクや添付ファイルを開かせてウイルスの拡散や詐欺サイトへの誘導を行う
③クレジットカード情報が流出して不正利用の対象となる

このような流れで被害に遭いやすく、何もせずに削除するのが正しい対策です。

また、公衆のWi-Fiスポットを使って金銭の取引を行う場合も十分に注意しましょう。

現在では無料のWi-Fiスポットが増えていて、以下のようなメリットがあります。

  • 無料で接続できるのでWi-Fiルーターを持ち歩かなくても良い
  • Wi-Fiに対応しているデバイスさえ持っていれば誰でも利用できる
  • コンビニやカフェなどありとあらゆる場所でインターネットを利用できる

しかし、セキュリティを重視していないフリースポットの場合はクレジットカード情報を盗まれたり不正サイトに誘導されたりといったリスクがあり、信頼できるところを選んでください。

 

怪しい通販サイトにも注意

インターネット通販サイトは便利なものですが、近年、悪質な詐欺サイトも増加傾向にあるので注意が必要です。

カード決済したのに商品が届かないといったトラブルは多く発生していますし、カード情報を盗まれて不正利用される可能性もあります。

 

たとえば、「連絡先の電話番号や住所」は特定商取引法でサイト上に記載することが義務づけられていますが、それらの記載がないサイトは要注意です。

ちょっと違和感を覚えたら、ショップの名称で検索して、悪い評判がないかどうかを調べてみましょう。ブログで詐欺に遭ったことを報告している人も多くいます。

インターネットショップは評判もとても重要なので、多くの方がお店を利用して満足しているという事を証明する為に評価を貰う為のページを用意している所も少なくありません。

評判を見て回ればあやしいネットショップは確実に避けられるので、サイトの作り方があやしかったり評判が悪いような所は欲しい商品が掲載されていても利用しないようにしましょう。

 

対策が万全なカード選びも重要

クレジットカードを悪用されたり詐欺に遭ったりした時のために、対策が万全なカード会社を選ぶべきです。

  • 盗まれたり落としたりして勝手に使われないのかどうか不安
  • フィッシングなどインターネットの詐欺が怖い
  • 初めてクレジットカードを持つから色々と不安なことが多い

このような方にはエポスバーチャルカードをおすすめします。

エポスバーチャルカードは不正利用の対策がバッチリで、どんな特徴があるのか詳しく見ていきましょう。

  • 高度なセキュリティを保つICチップが搭載されているので偽造が難しい
  • クレジットカードを利用する度に日時や金額に関する情報をメールで通知してくれる
  • 不正使用検知システムの搭載で第三者による悪用がないのかどうかチェックしている
  • バーチャルカード機能では実際のカードとは別の番号を使ってネット通販で買い物ができる

従来のエポスカードにプラスしたインターネットショッピング用の安心カードですので、ネット通販での買い物が多い方はエポスバーチャルカードを申し込んでみてください。