不正利用されても補償されないケース

Pocket

クレジットカードが不正利用された場合、基本的には補償・返金されますが、一部適用されない場合があります。どのようなケースか具体的にご紹介していきましょう。

 

重大な不注意は補償されない原因に

クレジットカードには紛失・盗難保険が自動的に付帯していますので、安心して利用できます。但し保険が適用されない場合もあります。

しかし適用されないのは自己の管理の甘さ・不注意によるものですから、これは注意して使う事により防ぐ事ができますのでこれからその注意点をあげますのでそれを守り安全に安心して利用していただきたいと思います。

まずカードの本人署名欄に署名がない場合です。これはカードを確認して書くだけですので、書かれていない方は書くようにして下さい。

次に本人以外の方にカードを貸した場合で、これは親族や彼女など近しい人が利用した場合も補償されませんので注意が必要です。

またカードを紛失した場合でその事実を警察に届け出ていなかった場合です。カードを紛失した場合には直ぐにカード会社に連絡すると共に警察に届け出て下さい。

次にカード情報を記載したノートやメモ・携帯やパソコン等を盗難された場合です。こうしたものは盗まれた場合であっても、管理が不十分であったという事で補償されませんのでキチンと管理するようにして下さい。

次にカードを自らの不注意で紛失した場合です。例えば他人がいつでも持ち出せる、目に見える場所で保管していた場合などです。カードは肌身離さず保管するようにして下さい。

 

期間が経過していると補償されないことも

次が忘れがちなのですが、利用明細を確認していなく不正利用に気付くのが遅れた場合です。確かに明細を確認するのは大変ですが自分の財産を守る為キチンと明細は確認して、以上がある場合は直ぐにカード会社に連絡して下さい。

次に、これはカードを発行する際にカード会社の方からも注意喚起されるので今は殆どありませんが、他人に知られるような簡単な暗証番号を使うことです。例えば誕生日・電話番号・保健証番号等です。覚えるのは大変ですが自分の中で誰にも分からない番号を設定するようにして下さい。

最後に注意して欲しいのは、クレジットカードはカード番号さえ分かれば利用出来てしまいますし、スキミングもカードを特殊な機械に通せば直ぐ出来てしまいますのでそういった犯罪に巻き込まれないように注意して下さい。

以上の事を守っていただければ会社によって多少補償内容は違いますが、安心して安全に利用出来ます。