明細書を確認することの重要性を痛感

Pocket

man2
kenchanさん
男性・53歳
不正利用の原因 スキミング
発覚した経緯 自分で気づいた
不正利用されたカード 三井住友ビザクラシックカード
カード会社の対応 補償された

不正利用に気付いた経緯

明細書は郵送ではなくウェブ明細書を選択していましたが、請求の確定メールが必ず来ます。
あるときに請求も確定メールがなんと70万円近くになっている時がありました。

その金額はクレジットカードのショッピング枠のほぼ限度額でもありました。
もちろんそのような金額を請求されるような買い物をした覚えはありません。

なにかの間違いだろうとクレジットカードの会社のサイトにログインして何度も見てみましたが、請求額が間違いということではないようでした。

請求明細書を見てみるとある大手の家電量販店のネット通販で小型のパソコンを10台購入したことになっていました。
当然ですが、そのようなものを購入した覚えはありません。

不正利用された原因(推測でも可)

これは以前インターネットのサイトやニュースなどで聞いたことのあるスキミングにあったと思われました。

支払いの場合に店舗の人間にクレジットカード自体を渡してしまうこともすくなくありませんから、悪意のある人間がいればスキミングされることはそれほど難しくないでしょう。
後ほど、クレジットカード会社の担当者を話したましたが、スキミング被害だろうということでした。
もちろんどこでそのようなスキミングあったのか全く気が付きませんでした。

どのように対応・解決したか

スキミングに会ったことをメールで知ってから1時間後くらいにはクレジットカード会社に連絡をしました。詳細を担当者に話したところ、すぐに調査をするということでした。
それから数時間後にはその担当者から連絡が入り、クレジットカードの不正利用が確認されたので請求のうち不正利用の分はの請求はなくなりました。
以外に素早い対応でした

実際に不正利用に遭って思ったこと

実害がなかったのでほっとしましたが、もし何らかの手違いで気が付かなかったらと思うと怖い気がします。少なくとも請求明細書くらいは毎月しっかりと確認しないといけないと感じました。

しばらくはちょっとクレジットカードの利用は控え気味でしたが、現在では普通にクレジットカードを利用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です